自動車部品を「捨てない」「壊さない」「取換えない」をコンセプトに事業を行う埼玉県所沢市のトータルリペア輝々

コーティング各種ブログ ホンダ 内装・インテリア補修

ホーム > ブログ > ホンダ:USアコードクーペ:本革シートの補修リペアです!!(前編):クルマの内装補修やリペアのことなら所沢のトータルリペア輝々にご相談ください。
2021/05/10

ホンダ:USアコードクーペ:本革シートの補修リペアです!!(前編):クルマの内装補修やリペアのことなら所沢のトータルリペア輝々にご相談ください。

いつも当店ブログを観て頂いてありがとうございます!!

クルマの外装ボディ・内装インテリアの補修やリペアの紹介とメニューページを

ご用意しておりますので気になる所をチェック・クリックして観てくださいね!!

所沢市のトータルリペア輝々の林です (´∀`)

最近は、暖かい日が続いていますが、まだまだ・・・クルマのボディはメンテナンスが

必要なじきですね!(;^_^A 春は花粉、次に黄砂、梅雨、真夏日~・・・キリがないんです。

なので、おクルマのメンテナンスは一年中必要になります。

~~え~~めんどくさいよ~~ん(;^ω^)

なので!! ボディにはコーティング!

洗車が楽に! 内装にはフィルムなどでエアコン効率を良く!

より快適に、よりスタイリッシュに! って気持ちがクルマを楽しくするのでしょう!(^_-)-☆

 

 

 

 

 

今回の作業内容は、ホンダ:USアコードクーペ:本革シートの補修リペアです!!(前編)

(作業内容はブログアップ日の内容ではありません)

DSCN9755_R

 

 

 

 

 

今回は、少し前の施工ですが長期間の時間を頂いて作業しました本革シートのご紹介です!!

 

 

 

 

 

ちょっと・・( ゚Д゚) ビックリ! ですが、当店では、お客様と何度も話し合いを行い

 

 

 

 

 

作業する事となりましたので、通常作業では施工対象外の可能性もあります。

 

 

 

 

 

一脚目のシートです!!

 

 

 

 

 

DSCN9761_R

 

 

 

 

 

紫外線による劣化で、革が裂けてしまっています。(;^_^A

 

 

 

 

 

この様に裂けてしまった革は、同じ部分で縫い合わせることは不可能でした。

 

 

 

 

 

革移植で、整えていきます!!

 

 

 

 

 

革表皮の割れ具合も限界を迎える部分と寸前部分の範囲が広くありましたので、見極めと

 

 

 

 

 

下地処理作業でかなりの時間を要しました。(;^_^A

 

 

 

 

 

DSCN9757_R

 

 

 

 

 

経年数的には、30年以上のおクルマで内装も相当になっています。

 

 

 

 

 

しかし、その他の内装はそこまで傷んでいる様にみえませんでしたので・・・・

 

 

 

 

 

やはり、シートの背面上部に紫外線などの影響が長い時間で蝕んで行ったのでしょう。

 

 

 

 

 

表皮が完全に無くなり小さな穴が数点空いている状態の部分もありました!!

 

 

 

 

 

DSCN9763_R

 

 

 

 

 

本来の革の強度をクリヤできる部分と移植などで強度不足の部分で、見た目は直せる事は

 

 

 

 

 

できますが、機能面では難しい所もありますので施工対象外の案件などもある所です。

 

 

 

 

 

その時は必ず、ご説明をさせて頂いております。

 

 

 

 

 

DSCN9767_R

 

 

 

 

 

全面部分は、ご覧の通りリペアレベルですのでしっかり直していきます!!(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN9776_R

 

 

 

 

 

二脚目のシートです!!

 

 

 

 

 

こちらは、裂けはありませんでしたが表皮の劣化は進んでいて割れが広範囲にありました。

 

 

 

 

 

DSCN9778_R

 

 

 

 

 

割れによる深い筋やヒビなども表皮が「パリパリ」っという感じの部分も少なくない状態です。

 

 

 

 

 

DSCN9777_R

 

 

 

 

 

こちらも、小さいですが表皮が無く穴があいている部分も確認できます。

 

 

 

 

 

DSCN9783_R

 

 

 

 

 

ヒビ割れが深い場合は表皮の状態を確認しながら、補修していきますが完全な状態には

 

 

 

 

 

戻れない場合もあります!!

 

 

 

 

 

状態を確認し、判断しながら作業しますので初見とは変わる場合も御座います!!

 

 

 

 

 

DSCN9789_R

 

 

 

 

 

二脚目のシートも座面は無事の様です。

 

 

 

 

 

この辺もリペアで十分可能なレベルです!!(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN9794_R

 

 

 

 

 

当初の予定では手を付けない予定でしたが、作業を進める中でフロント側シートのみ

 

 

 

 

 

補修リペアするのは、心苦しく・・・リアも手を付ける事にしました!!(^_-)-☆

 

 

 

 

 

キツイ油種類の様な液体がこぼれた様なシミが広範囲に確認できました!

 

 

 

 

 

やはり・・表皮がパリパリ&ゴワゴワ状態でしたのでサンディング~!! です!!

 

 

 

 

 

DSCN9964_R

 

 

 

 

 

チョットだけ・・・作業風景を休憩時に撮影しました。

 

 

 

 

 

7割位のサンディングです。 この後は、ヒビ割れのサンディング&充填作業を繰り返します!!

 

 

 

 

 

DSCN9965_R

 

 

 

 

 

ここは、座面側ですね!!(;^ω^)

 

 

 

 

 

DSCN9970_R

 

 

 

 

 

こちらは、背面側です!!(#^.^#)

 

 

 

 

 

DSCN9969_R

 

 

 

 

 

本革自体は現代の革より厚いタイプの革生地でしたので、サンディング作業ができますが

 

 

 

 

 

近年の革素材は薄めのタイプが主流ですので、注意が必要ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0183_R

 

 

 

 

 

お客様の敷地で撮影させていただきました!!(#^.^#)

 

 

 

 

 

懐かしい車体ですよね~!! って知ってると結構な年齢なのかバレてしまいそうですね!!(;^_^A

 

 

 

 

 

DSCN0185_R

 

 

 

 

 

しかし、経年数が経過していましたが現役で走れるのは素晴らしいですよね!!(^_-)-☆

 

 

 

 

 

やっぱり・・・当時のクルマ達はカッコイイですね!! わたしはそっち派です!!

 

 

 

 

 

現代のクルマ達もカッコイイですが、当時の良さは決して古いだけのものでは無いはずです!!(#^.^#)

 

 

 

 

 

次回は、完成系のご紹介をアップしていきます。

 

 

 

 

 

ありがとうございました!<(_ _)>

 

 

 

 

 

皆さまに喜んで頂ける作業を心掛けております・・・(#^.^#)”

お任せください!『 トータルリペア輝々 』を宜しくお願い致します m(_ _)m

トータルリペア輝々
林 広章

HP : totalrepail-kiki.com

お問合せ:totalrepair.kiki.com@gmail.com

〒359-1151

埼玉県所沢市若狭4-867-4

営業時間:9:30~19:00

留守の場合が御座います。ご来店の際はお電話を頂けますと幸いです。

定休日:毎週月曜日(予約状況により営業します)

携帯:090-1760-2426(つながりやすい電話)

電話番号:04-2947-8336 / FAX:04-2949-7088

最後まで・・ブログを観て頂いてありがとうございました(#^.^#)