自動車部品を「捨てない」「壊さない」「取換えない」をコンセプトに事業を行う埼玉県所沢市のトータルリペア輝々

トヨタブログ 内装・インテリア補修

ホーム > ブログ > トヨタ:アルファードの運転席シート座面の表皮リペア施工です!:車内のインテリペアリペアのことなら所沢のトータルリペア輝々にお任せください。
2021/02/06

トヨタ:アルファードの運転席シート座面の表皮リペア施工です!:車内のインテリペアリペアのことなら所沢のトータルリペア輝々にお任せください。

いつも当店ブログを観て頂いてありがとうございます!!

 

 

 

 

クルマの外装ボディ・内装インテリアの補修やリペアの紹介とメニューページを

 

 

 

 

ご用意しておりますので気になる所をチェック・クリックして観てくださいね!!

 

 

 

 

所沢市のトータルリペア輝々の林です (´∀`)

 

 

 

 

今日は、小春日和で仕事も進みました!!

 

 

 

 

明日はもっと・・・暖かくなる予報ですので久しぶりのドライブ日和ですね~!! 

~~ん!! いきたい!!

今回の作業内容は、トヨタ:アルファードの運転席シート座面の表皮リペア施工です!

(作業内容はブログアップ日の内容ではありません)

DSCN0608_R

 

 

 

 

今回は、昭島市のお客様よりご依頼いただきました!!

 

 

 

 

シート座面の側面側ですね。 表皮に折りシワになり火膨れの様な状態になってしまっていました。

 

 

 

 

DSCN0612_R

 

 

 

 

火膨れは例えですが、黒い表皮の剥離症状となっていました!!(-_-;)

 

 

 

 

この状態が長期続くと、破れて裂けが始まります。

 

 

 

 

DSCN0611_R

 

 

 

 

写真では確認し難いですが、少々破れが始まっていましたのでリペアが必要とります。

 

 

 

 

実際のリペア作業では、剥離が進んでいましたのでシワに沿って剥離が広がっていってしまう

 

 

 

 

状態でした!!(*_*;

 

 

 

 

シワによる表皮の癖が濃くついてしまっていましたので、考えられる処置は行いましたが

 

 

 

 

復帰は難しかったです。(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0616_R

 

 

 

 

現状できるリペアでは、表皮の剥離を除去・再生・塗装仕上げで完了させました!!(#^.^#)

 

 

 

 

深いシワは、無理に埋めても癖の強い状態では持続性は少なく埋めた材料で更にシワがヒビ割れに

 

 

 

 

なってしまう為、現状の仕上げが一番状態と判断しました!!

 

 

 

DSCN0618_R

 

 

 

 

理由としては、アルファードなどのミニバン系の乗用車では乗降時にシート座面の側面に

 

 

 

 

負荷が掛かり易く、この状態を意識していてもシワやヒビなどが起こり易くなってしまう為です!!

 

 

 

 

DSCN0621_R

 

 

 

 

乗降時には、備わっている装備や設備などを利用するのも一つの方法だと思いますが

 

 

 

 

あくまで、方法の一つですのでそれぞれとなってしまいます!!(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

この度はご依頼くださいましてありがとうございました!<(_ _)>

 

 

 

 

皆さまに喜んで頂ける作業を心掛けております・・・(#^.^#)”

お任せください!『 トータルリペア輝々 』を宜しくお願い致します m(_ _)m 

トータルリペア輝々

林 広章

HP : totalrepail-kiki.com

お問合せ:totalrepair.kiki.com@gmail.com

〒359-1151

埼玉県所沢市若狭4-867-4

営業時間:9:30~19:00 

留守の場合が御座います。ご来店の際はお電話を頂けますと幸いです。

定休日:毎週月曜日(予約状況により営業します)

携帯:090-1760-2426(つながりやすい電話)

電話番号:04-2947-8336 / FAX:04-2949-7088

最後まで・・ブログを観て頂いてありがとうございました(#^.^#)