自動車部品を「捨てない」「壊さない」「取換えない」をコンセプトに事業を行う埼玉県所沢市のトータルリペア輝々

アルファロメオブログ ホイール補修

ホーム > ブログ > アルファロメオ:ジュリア:純正アルミホイールのキズ塗装リペア:アルミホイールのキズ補修・修理のことなら所沢のトータルリペア輝々にお任せください。
2022/01/19

アルファロメオ:ジュリア:純正アルミホイールのキズ塗装リペア:アルミホイールのキズ補修・修理のことなら所沢のトータルリペア輝々にお任せください。

所沢市のトータルリペア輝々の林です (´∀`)

今日は、北風が強かったですね~~~。

体感温度も低く、暖房を省エネ・エコモードにすると直ぐに室温が下がって・・・

ちょっと・・・かなり寒い!!

まだ、しばらく寒い日が続きますので体調管理とウイルスにはご注意くださいね!

今回の作業は、アルファロメオ:ジュリア:純正アルミホイールのキズ塗装リペアです!

(作業内容はブログアップ日の内容ではありません)

DSCN7728_R

 

 

 

 

 

 

今回は、埼玉県入間市のお客様よりお依頼をいただきました!!

 

 

 

 

 

 

やはり・・・道路の右左折や縁石は注意をしていても気が付くとキズになっている!!(-_-;)

 

 

 

 

 

 

この手のパターンは、非常に多く当店にご相談くださいますお客様の中でも

 

 

 

 

 

 

 

一位・二位くらいの事象です。

 

 

 

 

 

 

 

リペア本数は、3本ですので車体をあげて取り外して修理してきます!!(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7634_R

 

 

 

 

 

 

近年、車体が大きくなっている傾向でホイールベースが長い。

 

 

 

 

 

 

通常のリフトベースだと少し・・・足りない!(;^_^A 去年に延長ベースを自作して

 

 

 

 

 

 

 

おいて良かった!!と最近は強く思います。 もっと早く作成していればよかった。

 

 

 

 

 

 

 

どちらにしてもキズはイヤな問題ですね。

 

 

 

 

 

 

 

悲しいのは、放置すると・・・クルマに対する愛着感が薄れるから!

 

 

 

 

 

 

 

と、お客様よりお聞きします。 実際のところ、私も同感です!!(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7635_R

 

 

 

 

 

 

 

キズの範囲は、小さいキズから大きいキズまでありました。

 

 

 

 

 

 

 

でも! リペアをするなら同時にやってしまった方が良いですね!!(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7636_R

 

 

 

 

 

 

 

キズは小さいですが、気になるものは・・気になる...

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7637_R

 

 

 

 

 

 

 

アルファロメオのホイールカラーは、とても色合わせが行いにくいのでキズの大小に

 

 

 

 

 

 

 

関わらず塗装範囲は小さくしたい!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7642_R

やっぱり...立体駐車場のスペースなどはキズの原因になり易い場所ですね。

現代では、車幅は広くなっていく傾向なのにインフラはそのままですのでタイヤ幅が

ギリギリなのは無理もないですよね~~(-_-;)

DSCN7645_R

運転中の擦りキズの瞬間は、小さくても「ゴリ!」って聞こえるときもあれば・・・、

キズの割に全然、音や振動が無かったとか...。

DSCN7648_R

3本面のホイールは、キズの範囲も深さも一番ありますのでリペア範囲は質全的に

広くなります。

DSCN7650_R

初見ではキズの深さと範囲を重点にみますが、実際は塗膜の厚さなども関連するので

できるだけ早い段階でどの様にリペアするのか?!を判断して作業のご依頼へと

進んでまります。

DSCN7652_R

この手の傷では素材のアルミホイール部分まで、キズが入っていますので成形作業は

必要です!!(#^.^#)

※純正アルミホイール:ホイールキズリペアキズ塗装リペアのお問合せ:お見積りはこちらから~touch!✋

DSCN7701_R

キズを整えて、塗装へ入っていきます。

塗装工程は、一般的な工程ではありますがキズの状態を確認しながら進めないと

塗装リペアは成立しません。(;^ω^)

DSCN7703_R

キズは、どんなに小さくても大きくても作業工程はそれほど変化するものではありません。

一つ一つの作業時間が長くなるのか!? 短くすむのか!?っという具合です。

すべてではありませんが、基本的な塗装の仕組みはそのままです。(^_-)-☆

DSCN7704_R

キズは、下地の段階でしっかり成形しないと塗装をした後で再度繰り返し作業と

なってしまいます...。

DSCN7694_R

キズ範囲は小さいけど深いキズの場合などは、成形の仕方に重点を置いて作業すると

次の工程が進めやすくなる事もあります。

実際は、何回か繰り返して覚えていきますが・・・初回や2回目くらいで成功できる場合は

センスが良いのでしょう。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

DSCN7696_R

リペア範囲は小さくても最終コーティングgのクリヤ塗装はホイール全体に塗布する為です。

クリヤ塗装はしっかりと足付け作業を行わないと、数ヶ月~数年間程度で剥がれてしまう場合も

ありますのでクリヤではしっかりと工程を踏む事と、しっかりした塗料を使う事で安心と

信頼性を持てると思います。(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7714_R

 

 

 

 

 

 

キズの範囲が一番広かったホイールです!!

 

 

 

 

 

 

外周リム&フランジ部分で痛い感想を持ったキズでした。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7718_R

 

 

 

 

 

 

色目は、何回かTRYすると近づいてきます。

 

 

 

 

 

 

入板などで確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

DSCN7717_R

 

 

 

 

 

 

メタリックカラーは、光の向きや強さ傾きなどで変化しますのでテストピースでも

 

 

 

 

 

 

色々な方向からの確認が必要です

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7719_R

 

 

 

 

 

 

お客様にも大変喜んでいただけました!(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

エアーチェック、ビート上げ車体に取り付け、バランスチェックしてナットマシマシ。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7730_R

 

 

 

 

 

 

すべて完了させてご納車できました!!

 

 

 

 

 

 

去年の年末最後のお仕事でしたので、事例は少し前の物になりますがキリの良い所で

 

 

 

 

 

 

ブログは、完了です!!(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

ご納車時にお客様確認して、こんなに綺麗に直るんですね!!っと嬉しいお言葉を

 

 

 

 

 

 

 

いただきました!!ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

 

 

 

 

 

#所沢市 #埼玉県 #純正アルミホイール #アルミホイール塗装 #ホイールキズ #ホイールキズ修理 #ホイールリペア #ホイールキズ補修 #アルファロメオ #ジュリア #トータルリペア #トータルリペア輝々 #イタリア車

 

 

 

 

 

 

 

皆さまに喜んで頂ける作業を心掛けております・・・(#^.^#)”

トータルリペア輝々
林 広章
HP  : totalrepail-kiki.com
お問合せ:totalrepair.kiki.com@gmail.com、
:info@totalrepair-kiki.com
〒359-1151
埼玉県所沢市若狭4-867-4
営業時間:9:30~19:00
留守の場合が御座います。ご来店の際はお電話を頂けますと幸いです。
定休日:毎週月曜日(予約状況により営業します)
携帯:090-1760-2426(つながりやすい電話)
電話番号:04-2947-8336 / FAX:04-2949-7088
最後まで・・ブログを観て頂いてありがとうございました(#^.^#)