自動車部品を「捨てない」「壊さない」「取換えない」をコンセプトに事業を行う埼玉県所沢市のトータルリペア輝々

ブログ内装・インテリア補修

ホーム > ブログ > マツダ アテンザセダン 内装インテリアのキズ及び革シートの劣化補修|インテリアリペア
2016/07/11

マツダ アテンザセダン 内装インテリアのキズ及び革シートの劣化補修|インテリアリペア

東京都小平市のお客様のご依頼です。

お客様のご相談の中で車内装の困りごとで当店では一番多い事象です。

 

運転席の座面と背もたれサポート(右側)の表皮の劣化です。

原因の一つは右ハンドルのお車ですと乗り降りの時にシートに体重などの

負担が掛り少しずつ擦れて劣化していく事が多く考えられます。

今回の事象はシートのステッチ(糸)も切れて無くなっていました。

アテンザシートリペア1

 

ステッチを機能的に修復するにはシート革の張替えの様な大がかりな工事が必要になります。

今回はオーナー様とご相談し見栄え面の補修でOKという事になりました。

表皮の劣化は下地処理を行い色合いを調色し塗装にて仕上げていきます。

アテンザシートリペア2

 

次にドア内張りのプラスチック部分とレザー部分の補修です。

内張り1

 

キズの周りにブラックの色ムラがありましたが、以前、キズを目立たなくしようと試みた

跡だそうです。しっかりとクリーニングを施し、下地処理して仕上げていきます。

ドア内張り2

 

すっかり綺麗になりました。

次にレザー部分の擦りキズです。

レザー施工前1

 

こちらも前の事象と同様に作業していきました。

プラスチック部分とは色が違うので再度、調色して塗装仕上げしていきます。

上部に赤色のステッチがありますのであまり広範囲の塗装は出来ませんでしたが、

出来るだけ違和感のない様に仕上げました。

レザー施工後1

 

若干のシワが残りましたが目視で確認できない程でしたのでオーナー様も喜んで頂きました。

今回のアテンザは内装リペアだけではなく、ボディコーティングも施工して頂きましたので

次回のブログでアップして参ります。

 

内装補修などもお困りの場合は一度、ご相談ください。

 

 

トータルリペア輝々〒359-1151
埼玉県所沢市若狭4-867-4
電話番号:090-1760-2426 / FAX:04-2949-7088